着物の保存状態が左右する買取額

【着物リサイクル買取.com】再利用には意外な落とし穴!売りたい初心者に必見! TOP高額買取のヒミツ >高額買取にはやはり状態が命
着物というのは、長年タンスにしまっておいてお手入れもせずに持っているだけ、というご家庭は多いでしょう。いざ売るときになって着物を出してみて調べることになるとは思いますが、保存状態はどうでしょうか。しばらく触らないまま置いておくと、一度着てその当時は気にならなかった汗ジミなどが、時間の経過とともに黄色くなってしまって、はっきりとしたシミになっているかもしれません。

保存状態によっては、本来美しかった着物が劣化している場合もあります。きちんと保存をしてあったものは買取業者側からみても、大切にされていた着物なのだなぁと思うでしょうから、その分金額も高く査定をしてくれるはず。でも逆に汚れていて保存状態がよくなかったと思われる着物に対しては、どうしても査定の金額は低くなってしまいます。元は同じ着物でも、きれいに保存されていたかどうかによって買取額にも影響するのです。

もしも、譲り受けたままタンスにずっとしまってあるなど…最近見ないまま放置している着物があったら、一度チェックしてみてください。その後正しい保存方法を調べて、適切な保管をしましょう。保存状態で買取業者はその着物の価値を見極めます。できるだけ高く売るためには、保存状態が価値を左右するのです。